茅の輪くぐり神事

7月15日 午前11時より茅の輪くぐり神事を執り行いました。

暑い中、50名を超える多くの方が神事を行い、疫病免れの御利益を頂きました。

茅の輪くぐり神事 夜の部

私が宮司になってから、仕事を終えてから茅の輪くぐり神事に参加できるようにと午後8時からも執り行うようにいたしました。

今年で5年目、年々参加者が増えています。

令和記念事業(6月現在)

石碑建立地の造成

上拝殿南側の斜面であった所に
擁壁を建て土を入れて、平地になりました。

涙だれの梅石碑

「石碑の形が出来ました」とのことで、阪本石材店様まで見にいきました。森の木々をイメージした形です。「涙だれの梅」の表書は青谷正裕の子孫である名誉宮司に書いてもらいます。

涙垂れの梅歌碑

当社責任役員の小寺博様が歌っている「涙垂れの梅」の歌碑です。
正裕・花笠の想いが綴られた歌詞です。

昭和初期の御朱印

氏子さんが「天井裏の物置を片付けていたら出てきました」とわざわざ持ってきてくれました。
昭和4年の当社の御朱印です。筆跡は私の曾祖父のようです。 私が生まれた時には曾祖父はもう居りませんでしたが、「御朱印をしっかりかくのだぞ」と言われているようで。100年後に私の書した御朱印が出てきて、私の曾孫に「曾爺さん、字下手」と言われるのかなと思ったりしてます。
押されている朱印で大きな角印の「大国宮」が無いので
復活させました。(右写真) 


押されている3つの朱印で大きな角印の「大国宮」が

復活した「大国宮」の角印です。
下は「涙だれの梅」の御朱印予定の原画を置いてみました。令和記念事業「涙だれの梅庭園」が竣工したら涙だれの梅御朱印を始める予定でおります。
その御朱印にこの「大国宮」の角印も押させて貰おうかと考えております。

知らなかった初夏の風物詩

家に柿の木があり、花が咲いています。
今朝方、柿の木の下を通ると物凄い虫の羽音がするので
見上げてみると柿の木に数えきれないほどの蜂が群がっていました。何処かに巣が有るのかと探したけど見当たらず、観察していると花の蜜を吸っている模様。「1~2匹なら分かるけど、この数は異常」と思いつつ、「柿の花 蜂」で検索をしてみると同じような光景がアップされていました。蜂は柿の花を好んで訪花するとのこと。

訪れていたのは黒い蜂(種類は?)
しかし、生まれてからずっと柿の木があるのに56歳にして初めて知った初夏の風物詩でした。

杉の新葉

例年5月中旬から下旬にかけて樋に詰まった葉っぱ取や、屋根に溜まった葉っぱ掃除をするのですが、ことしは梅雨入りが早いということで5/14,15で慌てて屋根と樋の掃除をしました。
16日から雨が続く(案の定梅雨入りしましたね)から早く済ませないとと焦っていたところ、杉の新葉が瑞々しい緑であったので思わず手を止めて写真を撮りました。

屋根の上で「焦ったら危ない」と神様が落ち着かせるため、心を和ませてくれた一幕でした。

新緑の候

旧葉がほぼ落ち終わり、落葉の掃除も落ち着いて来ました。
「新緑の候」が一番相応しい時です。

新葉の鮮やかな緑と香りに包まれ、木々の若いエネルギーを頂けます。
是非森を歩いてみて下さい。
ただ、蚊もボチボチ出始めています。もうすぐ森に入る時は蚊取り線香とスキンガードが必需品になります。

二上山

4月5日 
昨日の雨で黄砂が洗い流されたのか、二上山の木々まで確認で来る程浮かび上がって綺麗に見えたので写真に収めました。

4月6日 午前5時45分
二上山の雄岳雌岳の真ん中から太陽が上がる日。早朝から沢山の人がご来光を待っています。

午前5時50分頃
今年は綺麗にご来光が見れました。

稲荷祭柴燈大護摩供

3月14日(日) 晴天の下、柴燈大護摩供が執り行われました。

柴燈大護摩供会場

出発前に般若心経を唱え下拝殿に向かい、下拝殿でまた般若心経を唱え稲荷社に向かいます。

稲荷社に到着